インターンブログINTERN BLOG

フィリピンの結婚式

Yukinari

突然のお誘い

 こんにちは、インターン生の濱です。 

 フィリピンにある程度住んでいると、知り合いの結婚式に呼ばれたり、もしくは自分がフィリピン人と結婚して結婚式を挙げる・・・なんてこともあるかもしれません。

 そこで、今回は僕が参加したフィリピンの結婚式いついてザックリと書いてみようと思います。

 事の始まりは友人のフィリピ人女性からのお誘いメールでした。

「濱さん、フィリピンの文化とか興味あるんだよね?今度うちのお兄ちゃんが結婚するから、来てみない?」

 友人のお兄ちゃんとは面識がないし、いきなりのお誘いに戸惑ってしまいましたが、せっかくなので参加してみることに。

 しかし、一体どんな服装で何を持って行けばいいのかすらわからない・・・

 近くにいるフィリピン歴が長い日本人や、招待してくれた本人に確認しながら準備を進めていったんですが、ざっくり書くとこんな感じです。

フィリピンの結婚式準備

・服装

親族はスーツですが、客人は白っぽいシャツに、ジーンズなどでOK。

・ご祝儀or祝い品

基本的には強制ではない。ただ、途中でお金をプレゼントする時間(集金タイム)などはあるので、そのときに気持ち分を入れるようにしましょう。相場は不明。

プレゼントはチョイスが難しいと思いますが、新生活グッズなど準備していけば喜ばれます。

 僕はこんな感じだったのですが、地域や宗教によっていろいろと違ってくる可能性はあるので、あくまで参考程度に・・・

結婚式当日

 挙式30分ほど前に教会に向かいます。

 すでに多くの人が集まっており、まずは誘ってくれた友人を見つけてご挨拶。そして、そのまま式を挙げるお兄ちゃんにも合わせてもらって簡単に挨拶をさせてもらいました。

 そこから友人は親族席に移動し、僕はフリー席に移動します。

 フィリピンの結婚式では親族女性は皆ブルーとピンクのドレスを着るので、これなら選ばなくてもいいし楽な気がします。

 そして、式が始まると日本とほぼ同じようなカトリック式で進んで行くのですが、タガログ語のために何を言っているかはわかりませんでした・・・

 そして式の時間は日本よりも長く感じ、多分2時間くらいはあったと思います。

披露宴

 教会での挙式が終わると次は披露宴です。

 友人の車に乗せてもらって会場のリゾートホテルに移動し、式が始まるまではフリードリンクとフードを食べながら開始を待ちます。

 ホテルはいかにも高級で料理も美味しいのですが、とにかく始まるまでが長い!距離にして車で10分かからないほどなのですが、挙式が終わって披露宴開始まで2時間くらいかかりました。

 そして、いよいよ披露宴が始まったのですが、ここからも日本と流れはほぼ同じような感じ。

結婚式の流れ

  • 挨拶
  • 出し物
  • ビンゴゲーム
  • ダンス
  • お金プレゼントタイム
  • 思い出ビデオ再生

etc・・・

といった感じなのですが、とにかく日本よりも司会の方がテンション高めで進めていき、全体が参加してかなり盛り上がります。これでもかといったくらいに中身が詰まっているので、披露宴も3時間くらいかけて行われますし、その中で新郎新婦はマジで100回くらいキスをしていました。

 そして、最後の締めは会場の外に出てファイアーダンスショウ。

 挙式から披露宴まで全部で7時間くらいかけて行われるボリュームたっぷりの1日でしたが、正直日本で今まで参加したどの結婚式より楽しかったと思えるくらい盛り上がって暖かいものでした。

 ただ、これだけの結婚式をするにはもちろんお金もかなりかかるようで、あとで友人に聞いてみたところ200万くらいじゃないかとのこと。

 一般的なフィリピン人の給料でこの規模の結婚式は難しいので、今回のはかなり裕福な家庭の結婚式だったようです。

ブログ一覧に戻る

  • どんな学校に通うの?

  • 女子の天敵!フィリピンの虫事情

  • フィリピンで生き残るために必要な英語力

  • 1ヶ月の出費について一挙公開!

  • タガイタイのエニタイムフィットネスで筋トレ

カッソウロでは共に働く、学ぶ
を募集しています。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。
3営業日以内に返信させていただきます。

お問い合わせ

インターンに応募する