インターンブログINTERN BLOG

英語力ゼロの私が語るカッソウロ生活

SAI

こんにちは、インターンのSAIです!

今回は、英語力ゼロの私が英会話について語ります!

2019.7〜今までフィリピンにいますが、だいたいみんな英語力がある状態、勉強してから来るメンバーばかりでした!

いかに自分が勉強せずに、

準備をせずに来てしまったのか

未だに思い知らされます。笑

私の英会話はゼロに等しく、最初のクラスはいまでも悲しいほど鮮明に覚えております。

自己紹介もろくに出来ず、名前、出身、年齢くらいしか言えず授業中もYesかNoがほとんどでなにも話せず終わりました。

授業が始まっても、携帯の翻訳辞書が手放せず全然授業が進んでいかない、、、

3コのマンツーマンレッスン

1コのグループレッスン。

最後のグループレッスンの、開始10分でなーんにも頭に入ってこない。

脳みそが英語を拒否する。疲れ方が半端じゃない。1週間はそんな感じでした。2週間目はグループレッスンの20分くらいまで集中できるようになり、それでもちんぷんかんぷん。こんなんで英語話せるようになるのかなぁ、そううっすら思っていました。

でも、私は挑戦するのが好きで負けず嫌いなので、とにかく授業には出る。

幸い、先生方も優しくわからない私に教えてくれたので

わからない、悔しい、けど、楽しい。そんな毎日でした。

学校では月1のテストがあります。2週間半、授業を受けての結果!

なんと!なんと!

A1.2 !!!!

(下から3番目のレベル。)

そして悲しいことにこの結果は1ヶ月後のテストでも同じでした。

全然話せるようにならない。でも、テスト後の先生からの言葉は『伸びてるよ、インプルーブしたよ!』そんな暖かい言葉でした。

そんな悔しい思いをしてる中、ある先生が

「なにを落ち込んでるの?」そう聞いてきてくれたので

「英語が話せない…」と嘆きました。

そうしたらこう言ってくれたんです!

『”英語が話せない?そんなの当たり前でしょ?

日本では、第二言語は英語じゃないんだし。

ところでどうやって日本語覚えたの?

生まれた頃から、日本語を聞いて話して自然と覚えたんじゃない?

ならいまたったの2ヶ月で話せるようになるのは難しい。

でもリスニング力は伸びたでしょ?赤ちゃんと同じ!

子供は親の言ってること理解できるけどうまく言葉にできない。

今、Saiはそこにいるんだ!

だから挑戦することを忘れないで、これからも頑張って!』

と。(泣)

そこから再び、英語を毎日使うこと聞くことに重点を置きました。

私の目標は

・コミュニケーションが取れるようになること

だったので、ひたすら先生と話したり、出かけてみたり映画をみたり、音楽をきいたり、英語に触れ続けました。

外出してもわざと店員さんにきいてみたり。できることからやってみて、音楽を聴くこと、映画をみること、Instagramなど好きなことを英語に変換して英語に触れ続けました!

いろんな生徒、インターン生と英語については話してきましたが話せるようにならない伸びてるかわからない”間違えたくない”と言います。

英語力が伸びてるかどうか

伸びたかどうかは自分ではわかりづらいですが、先生にきいてみたり、映画を字幕なしで観てどれくらい理解できるのかを試してみるのがいいと思います。

話せるようになるためには、話すことだと私は思います。

人それぞれのやり方があって、合う合わないがあると思いますが”間違いを恐れず”変なプライドは捨ててとにかく話すことで自信も付いて、話せるようになっていくと思います!実際長く滞在してみて、たくさんのインターン生を見てきました。

1日のなかで5時間業務に4コの授業で、普通の生徒より少ないですが、業務をしているからこそ英語を学ぶために働いてるからこそ、授業をサボる生徒はほぼいません。

また、次第に自信が着いてきて生活してる中で英語を自然に話す人、仕事の休憩時間で英語の話で盛り上がるなど、インターン生だからこそ真面目に英語に取り組んでいる姿勢を見てきました。

メリハリのあるカッソウロ生活は有意義なものだと思います。

だからこそ英語初心者の方もWelcome!

私もまだまだなので一緒に英会話しましょう!

”英語話せない””話せるか不安”

私もゼロで来たので一緒に頑張ってみませんか?♪

ブログ一覧に戻る

  • どんな学校に通うの?

  • フィリピンで生き残るために必要な英語力

  • 女子の天敵!フィリピンの虫事情

  • 1ヶ月の出費について一挙公開!

  • ゼロ円留学に来たきっかけ!

カッソウロでは共に働く、学ぶ
を募集しています。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。
3営業日以内に返信させていただきます。

お問い合わせ

インターンに応募する